スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャケ、絡まなくても脱ぐ男。

竹洞組『僕らは未来を歩いている』(仮題)撮影レポート②

僕らは未来を歩いている

撮影二日目。

午前中はクライマックスのシーンを撮るため、山の方の雪が積もっているところで撮影しました。
今日から参加の主演の藤崎クロエさんの靴が滑るため、オイラや吉岡さんや津田さんが介助しながら坂道を昇ります。

朝は晴れてましたが、撮影が始まったら曇りはじめ、竹洞組らしいどんよりとした天気に。
(監督が強力な雨男なのです)
そのうち雪まで降ってきて、『網走番外地』の決闘シーンみたいになりました(嘘)

津田さんやオレは雪まみれになってブルブル震えてました。いや~寒かった。
結局、午前中はそのワンシーンしか撮れませんでした。

藤崎さんは九州の出身だそうで、雪が積もっている状態を見たのが生まれて初めてとのこと。
いきなりこんな寒い撮影で大変だったと思います。

午後は場所移動。
このシーンでは、オイラがわけあって屋外で全裸にならなければなりません。
てっきり上半身だけ脱げばいいと思ってたんですけどね・・・
しかも、絡みではないんで女優さんはおらず、脱ぐのはオイラだけ。
誰がサーモンの裸見たがるんだ(笑)

そんなわけで、ノントレーニングな肉体を白日の下に晒してきました。
どんなシーンかは公開まで内緒です。

その後宿に戻ってきまして、飯食って待機中。
オイラはあと2シーンで終了です。

最後に撮るシーンで、ある衣装を着用しなければならないんですが、試しに着てみようとしたところ一人じゃ着ることができず、
倖田李梨さんと若林美保さんに手伝ってもらいました(笑)
メイクも李梨さんにお願いする予定です。
サーモン専用のメイクさんですから…!

撮影は明日までですが、オイラは今日中には都内に帰る予定です。
残りのシーンも頑張りまーす!
スポンサーサイト

シャケ、雪山が溶けるほど演じたい。

竹洞組『僕らは未来を歩いている』(仮題)撮影レポート①

今日から、竹洞組の撮影で那須に来ております。

僕らは未来を歩いている 僕らは未来を歩いている

ご覧の通り、雪が積もってます。
監督がドSなもんで、「寒い季節には寒い地方へ」行きたがるんですよね。
過去にも冬の樹海や新潟ロケがありましたし、全くいい迷惑です(笑)

とは言え、始まってしまうといつものアドリブ合戦といいますか…
雪をお題にした大喜利大会になってしまうのは致し方ないところです。

岡田・吉岡の両氏が雪に不必要なダイブをかますなど、
相変わらずカメラのフレームぎりぎりの(時々映ってない)ところでの勝負が繰り広げられています。

今日は、オイラ含めて5人のキャストが来てるんですが、各キャラクターの色分けはこんな感じだと思ってください。
かすみ果穂ちゃん・・・しずか
津田篤さん・・・のび太
吉岡睦雄さん・・・スネ夫
サーモン鮭山・・・ジャイアン
岡田智宏さん・・・出来杉

現場では「出来杉いらない説」が飛び交い、
また岡田さんのカマっぽい役作りが、「それ出来杉じゃないだろ!」と余計に事をややこしくしています。

今回、男性キャスト4人組は一緒のシーンが多いのですが、
何の打ち合わせもしていないのに全員がアディダスの靴を履いてくるという、
ビミョーに息が合ったところを見せています。
俺、アディダス一足しか持ってないのに、恐ろしい偶然。
この映画から「アディダス4」というスピンオフが生まれるのも夢じゃなさそうです。

オイラ個人的には、
屋外でTシャツ一枚になり、
津田さんを担いで回転、
岡田さんにキックをかまし、
吉岡さんに頭突き、
かすみさんにはワインぶっかけと、
わずか半日の間に密度が濃すぎる展開でした。

明日はかすみさんが帰りますが、入れ代わりで主演の藤崎クロエさんと倖田李梨さんと若林美保さんが来て、
さらににぎやかになりそうです!

僕らは未来を歩いている

シャケ、仮性ホッケー。

タイトルはあまり気にしないでください。

ここ最近は、映画やテレビの企画書・プロット書きつつ、
29日クランクインの竹洞組ピンクの台詞を覚えつつ、(今回、約2年ぶりに台詞が多いんです)
おかしな監督映画祭出品用の短編『ゆっくりしてけよフェアリーテール』の撮影準備をしております。

おかげさまで素晴らしいキャストが揃いまして、あとはこっちサイドの問題。
昨日と今日の日中は、ロケハンと買い出しに追われておりました。

それに関連して。
これを読んでいる皆さんにお願いしたいのですが、
都内で「アイスホッケー用品」売ってるお店ご存知でしたら教えてほしいんです!

ネットで調べたところ、東伏見に一軒見つけたんですが、他にあれば。
ちなみに今日御茶ノ水に行ってみたんですけど、スキーやスノボ用品だけでしたねえ。

シャケの故郷でははスケートが盛んなもんでフツーに売ってるんですけどね。

やっぱ都内はなかなかないっすわあせあせ(飛び散る汗)

ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いしますm(_ _)m

シャケ、めでたいっ!

アメリカの傑作コメディ映画『ハングオーバー』の日本での劇場公開を実現させよう!という署名運動の話題。

ハングオーバー ハングオーバー

12月に日記でお願いしたところ、シャケが把握している限り、二十人近くの方が署名してくださいました!
皆さん、本当にありがとうございました。

本日、正式に劇場公開されることが発表されました!
めでたいっ!

一時はDVD発売が3月に決まっていたんですよ。
劇場公開は絶望的な状況までいったのに、2000人以上の署名と先日のゴールデングローブ賞受賞が決定打になって、
土俵際でうっちゃりました!
ワーナーがわざわざDVD発売を延期するそうですからね。本当に奇跡的なことです。

映画を創る人、配給する人、批評する人、観る人、全てにとって今回の展開が意味するところは大きいと思います。

オイラも観て応援サイトにコメント出しましたけど、映画的IQが非常に高い作品なんですね。
映画の脚本作りに関わっている人、志している人は絶対に観た方がいいですよ。

それでいて、難しいこと考えずにただバカ笑いしたい人にも胸を張ってお勧めできる作品です。
せっかく公開が決まったんだから、ぜひヒットしてほしい、させたいと思います。
引き続きよろしくお願いいたします!

『ハングオーバー』劇場公開決定のニュース記事
http://news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201001200002

『ハングオーバー』劇場公開を絶対に求める会サイト(オイラが作ったサイトです)
http://hangoverjp.web.fc2.com/

シャケ、あなたと熱帯。

皆様、あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
今年も中村公彦とサーモン鮭山をよろしくお願いいたします。

今年からは監督業と脚本業に力入れていきますんで、本名の方も覚えていただかないとねウッシッシ
呼ぶ時は今まで通り「しゃけさん」とか「サモさん」でいいですけどw

NHKの仕事が終わった9月ぐらいから、映画やテレビの企画書書いたり、オリジナルのシナリオ書いたり色々やってきました。
ここ最近になって、少しずつチャンスが来始めたところです。

春までに二本のタンポン、もとい短編映画を監督します。
インディーズですが、劇場やホールで上映される作品なんで気合い入ってますよー

先に撮るのは、「おかしな監督映画祭8」に出品する『ゆっくりしてけよフェアリーテール』という作品です。
現在キャスティング中で、続々と決まってきました!
素晴らしいキャスト陣です。全員確定したらまたお知らせしますね~

ちなみにサーモンさんは出ませんよ(笑)
飛び道具なしで勝負します。

自分の周りには、才能溢れるクリエイターが山ほどいます。
その方々のことは心からリスペクトしていますが、それでもなお俺にしか描けないものがあるような気がしています

今年は一本でも多く自分の作品を皆さんに見てもらえるよう全力を尽くします。

2010年のスローガンは「あなたと熱帯」です!
どうぞよろしく!

2010年 元日
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。