スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャケ、新たな称号。

昨日の続き。

補足説明しますと、『エロタン』は電撃ネットワークのギュウゾウさんと、巨乳セクスィタレント初音みのりちゃんが主演の
竹洞組のVシネマ。
横浜たそがれ探偵物語エロタン

オイラは劇中、白ブリーフ一丁でハッスルしています。
オイラにとっての白ブリーフとは、日本代表の第一ユニフォームのように誇らしい、
「ベランダ立って胸を張れ」的なものなんですが、中学時代の同級生に見られていたとなると話は別です。

なんだか腋の下に嫌な汗をかいてきました。
オイラはしどろもどろになり、そそくさとその席を去り、お世話になった先生方にお酌しに行きました。
生徒会長をやっていたおかげで、先生方は皆覚えていてくださいました。

まさに才媛という感じのI田先生にお酒を注いだところ、こう言われました。

「ホームページ見ましたよ。頑張ってますね」

・・・ひ?

そうです。「中村公彦」と「サーモン鮭山」を併記し始めたせいで、
本名で検索してもオイラが何をやっているか分かるようになってしまったのです。
もちろんそれは十分に予想されたことなんですが、こんなにもオイラの名前をググる人が多いとは全くの誤算でした。

ショックに打ちひしがれているオイラに、今度は同級生の女子が更に衝撃的な言葉を浴びせます。

「芸能人になったんだって?」

げ、芸能人は、な、何だか違う気がするんだな…
田舎の感覚だとやっぱ俳優=芸能人なのね…
芸能人ぽいことなんて全くしてないんですけど。

その後は主に女子の間で
「えっ、芸能人なの?」
「お笑い芸人になったと思ってた」
と、次々と噂が雪ダルマ化していったようです。
もう知らね。

同窓会の方は、
・カラオケで吉川晃司の『モニカ』を歌い踊ってバテバテに
・中学時代使っていた太鼓で応援団の演技を披露
・生徒会長挨拶したけどみんな酒に酔ってて聞いてない
・二次会で婚カツしろとハッパかけられるが成果なし
・スナックで三次会、四次会


というお決まりの?流れを経て解散しました。
実に有意義な同窓会でした(ホントかよ)

このように、今回の帰省で、親兄弟以外に同級生や恩師にもオイラがやってきたことがバレる大オチがつきました。
最近のAVの売り文句の一つである「芸能人」の称号を手に入れて帰ってきたオイラですが、
その名に恥じぬようより一層精進したいと思っています。

=================================================================
というわけで、昨日40歳になりました!
メールやメッセージ、コメントを下さった皆様、ありがとうございました!
今後もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

シャケ、うれしはずかし同窓会。

昨日の続き。

5/1の夜から帰省しておりました。

今回の帰省の目的は、中学時代の同窓会への出席。
地元での同窓会に出席するのは、実に卒業以来初めてのことになります。

今回はみんなが40歳になる年の、節目の大々的な会でした。
オイラ今はこんな有様ですが、中学時代は生徒会長と応援団長を務めてまして。
記念の会でぜひ挨拶と応援の演技を披露してほしい、と頼まれたわけですな。

話を戴いた時は、こんな低収入のフリー男がそんな挨拶していいもんだろうかと思いました。
結婚もせず、子供もいないスーパーフリーな存在。
どっちかっていうと社会悪とも言える(笑)

今やっている仕事のこともどこまでオープンにすべきか。
家族にバレたとは言え、地元の友達には話してなかったですしね。
そんな不安を抱えながら5/2の同窓会に出席したわけです。

多くの友人たちとは20数年ぶりの再会でした。
まず驚いたのは、みんな喋り方や間の取り方が変わってない!
そうそう、コイツこんな感じだったよなーと、当時の記憶がヴィヴィッドに蘇ってきました。

女の子はみんなキレイになってましたねー
そら、40だからシワなんかもちらほら出来てはきてるんですが、自分も年取ったから結構イケる感じで(笑)
でも話すと、高校三年生のお子さんがいたりするんですよね…(遠い目)

男の方ではキレイにハゲ上がった奴もいまして。
自己紹介で「リニューアルしました」って言ってたのには笑いました。
いつかシナリオで使いたい。

会は飲食つきの歓談タイムに移行し、オイラもいろんな席に移動して、友人たちと会話を愉しみました。
そのうち、小学校の時よく一緒に遊んだT君が言いました。

「ネットで見たよ」

…へ?

次に、焼鳥屋の息子のI君が言いました。

「Vシネマに出てたよね」

…ほ?

まさかコイツも『zoku』を観たのかと思い、オイラは恐る恐る尋ねてみました。

「え・・・何観たの?」

『エロタン』

横浜たそがれ探偵物語エロタン

そっちかい!
東京の知り合いでもほとんど観とらんわ!

つづく。 http://salmonsakeyama.blog134.fc2.com/blog-entry-5.html

シャケ、カミングアウト。

古くから付き合いがある方はご存知かと思いますが、
オイラ、親兄弟や地元の友達には俳優業(サーモン鮭山名義)のことをずっと伏せておりました。

なにぶん田舎なもので、オイラのフィルモグラフィは刺激が強すぎるだろう、という配慮だったわけですが(笑)
オイラがブルマとかヨダレかけ姿を披露しているせいで、
妹夫婦が離婚されたり、還暦を超えたオカンがショック死されても困りますしね。

しかし、ある日突然にその時はやってきました。

一昨年のことです。
当時5歳だった姪っ子が、実家の近くのTSUTAYAで、あるDVDのジャケットを指差してこう言ったそうです。

「あっ、きみひこだ」

きみひこ、というのはオイラの本名です。
姪っ子はオイラのことを敬称略で呼ぶのがデフォルトになっています。
いささかフランクすぎるのではないかと苦言を呈したくなる時もありますが、
それはともかく、5歳の小さな瞳は確実に捉えたのであります。

オイラの主演作『zoku』のジャケットを。

zoku

確かにオイラの顔がでかでかと刷られてはいましたが、
数千枚あるDVDの中からピンポイントでそれを見つけるとは、
運命的なものを感じずにはいられません。

さて、5歳の姪がひとりでTSUTAYAに来ているわけもなく、
『zoku』のDVDはすぐさま妹夫婦やオカンの目に触れることになりました。

実家では緊急上映会が開かれたようです。
その時、オカンや妹夫婦の脳裏にどんな思いがよぎったのは知る由もありません。
みんないまだに多くを語らないし、オイラも怖くて聞けません(笑)

親バレしてからは、ホームページやTwitter等の表記を「中村公彦akaサーモン鮭山」に変更しました。
今まで本名とホーリーネームを併記していませんでしたが、堂々と名乗るようになったわけです。

そしてこれがまた波紋を呼ぶことになるわけですが…

実は一昨日から帰省しています。
先ほどオカンと二人で寿司を食いに行ってきました。
あぶりサーモンを食べたオイラにオカンは言いました。

「あんたってホントにサーモン好きねえ」

…多分皮肉ではないと思いますが。

つづく。 http://salmonsakeyama.blog134.fc2.com/blog-entry-6.html
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。