スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャケ、マリーナの夏。

竹洞組『からっぽ人魚』(仮題)撮影レポート①

本日、竹洞組の新作『淋しい熱帯魚』がクランクインしました。

今回は脚本の小松さんが『アウトレイジ』を観る前にインスパイアされて書いた…そうです。
確かに、殺し屋のキャラクターや、海・農道といったロケーションは、往年のたけし映画を彷彿とさせ…なくもありません。

ちなみにこれが今回オイラが演じるキャラクター「殺し屋・八戸(はちのへ)」
からっぽ人魚 からっぽ人魚

女優は藤崎クロエちゃん、日高ゆりあさん(竹洞組初登場)、佐々木麻由子さん、倖田李梨さんと4人も出るのですが、
どちらかというと女性よりも男性キャラの描写に重きが置かれた作品になっています。

初日は、千葉マリーナでのメインロケに女優が一人も帯同しないという異常事態。
ホントにこれ、ピンク映画なんでしょうか。

もちろん、竹洞組がたけし映画になるわけもなく、いつも通りスットコドッコイな撮影風景が繰り広げられております。

脚本家は率先して全裸になり、
からっぽ人魚 からっぽ人魚

助監督は砂に生き埋め。
からっぽ人魚

はしゃぎながら助監督を埋めるドS監督。
からっぽ人魚

特に脚本家の方は、間違いなくこの日の全出演者の中で一番脱いでました。
ご本人のブログにこの写真を掲載したところ、5歳の息子さんに見られ、
「パパ、何でお外でお尻、出してるの?」
と電話で質問されていました。

「お仕事だからしょうがないんだよ!」
と答えていましたが、明らかに仕事の範疇を超えていたと思います。

こんなノリノリのスタッフに、キャスト陣は若干の距離を置きながら付き合っています。
タイトル通りからっぽの作品にならなきゃいいけど・・・

つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。