スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャケ、ピンクだけど真っ赤。

今年一発目の出演作公開のお知らせです。

大晦日から東京・大阪で絶賛公開中の
『色恋沙汰貞子の冒険』、残すところあと3日間の上映となりました。

実はこの映画、ピンクなのにスプラッター。
何と言いますか、サブカルの中にもう一個サブカルを入れたような(笑)
非常に込み入った作品になっております。

山内大輔監督作品
『色恋沙汰貞子の冒険』
出演:北谷静香、里見瑤子、佐々木基子、柳東史、佐々木恭輔、サーモン鮭山、世志男
http://www2u.biglobe.ne.jp/~p-g/data/2010/101112/101231sadako.htm

シネロマン池袋の上映時間
http://cineroman.blog92.fc2.com/blog-entry-182.html

実はここ最近のピンクは、原則血が流れるシーンというのは描いちゃいけなかったんですね。
観客層が中高年中心なので、どうしてもエグい描写は敬遠される傾向がありまして。
昔ピンク四天王が活躍していた時代までは、かなり血みどろの描写があったんですけど。

元々、山内監督は10年ほど前に低予算のスプラッターVシネを連発していた男です。
2002年に主戦場をピンクに移してからは、そのテイストは封印していたんですが・・・
ここに来て突然のスプラッター。

今回、里見さんと基子さんはほぼ10年ぶりの山内組出演。
オイラと里見さんは、1999年に山内組で出逢ったのが最初でした。
劇中、10年前の作品と似たようなシチュエーションがありまして、二人で笑ってました。

ご興味ある方、あと3日、ぜひよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。