スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャケ、ピンクだけど真っ赤。

今年一発目の出演作公開のお知らせです。

大晦日から東京・大阪で絶賛公開中の
『色恋沙汰貞子の冒険』、残すところあと3日間の上映となりました。

実はこの映画、ピンクなのにスプラッター。
何と言いますか、サブカルの中にもう一個サブカルを入れたような(笑)
非常に込み入った作品になっております。

山内大輔監督作品
『色恋沙汰貞子の冒険』
出演:北谷静香、里見瑤子、佐々木基子、柳東史、佐々木恭輔、サーモン鮭山、世志男
http://www2u.biglobe.ne.jp/~p-g/data/2010/101112/101231sadako.htm

シネロマン池袋の上映時間
http://cineroman.blog92.fc2.com/blog-entry-182.html

実はここ最近のピンクは、原則血が流れるシーンというのは描いちゃいけなかったんですね。
観客層が中高年中心なので、どうしてもエグい描写は敬遠される傾向がありまして。
昔ピンク四天王が活躍していた時代までは、かなり血みどろの描写があったんですけど。

元々、山内監督は10年ほど前に低予算のスプラッターVシネを連発していた男です。
2002年に主戦場をピンクに移してからは、そのテイストは封印していたんですが・・・
ここに来て突然のスプラッター。

今回、里見さんと基子さんはほぼ10年ぶりの山内組出演。
オイラと里見さんは、1999年に山内組で出逢ったのが最初でした。
劇中、10年前の作品と似たようなシチュエーションがありまして、二人で笑ってました。

ご興味ある方、あと3日、ぜひよろしくお願いします!

シャケ、はたらくおじさん。

あけましておめでとうございます。

大晦日まで仕事でバタバタしたかと思えば、珍しく年越しイベントに誘われ外出。
増上寺でカウントダウン~ライトアップされた東京タワーを眺め~浅草寺で寒い中出店でおでんを食い~なぜか浅草の日高屋で締め。
朝帰りして数時間寝て~新幹線に乗り青森に帰省。
小学生の姪にお年玉をあげて~年賀状と格闘・・・している正月でございます。

年賀状は東京でやるつもりだったんですが、土壇場でプリンタが故障~メーカーに電話したところ「その機種は修理できません」と言われ新製品の購入を勧められ~正月明けてからじゃないと買ってる暇ないので、実家に持ち越しとなったわけです。
さすがに昨年はたくさんの人にお世話になったので、出さないわけにはいかないですしね。

さて、今年厄年のオイラですが、新年早々強烈なアッパーカットを食らいました。
実家のオカンが「あなたに打ち明けなければならないことがある」と言い出したので、何のカミングアウトかと思ったら、
「あなたのツイッター見てる」

・・・そんなこととは露知らず、平気で下ネタつぶやいてたやんか!
なんか最近帰省するたびにいろんなことがバレていきます。

あなたの息子はね、去年はめちゃくちゃ働いたんですYO!
というわけで、毎年恒例の「全仕事」をアップします。
最近マイミクになった方も何人かいらっしゃいますが、これを見ていただければオイラが普段どういう仕事をしているかわかっていただけると思います。
・・・余計にわからなくなる可能性もありますが(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2010年シャケWORKS

●企画・監督(TV・歴史バラエティ)
 NHK BSハイビジョン『光の偉人 陰の偉人』

●製作・監督・脚本・編集(自主映画・短編)
 『ゆっくりしてけよフェアリーテール』(おかしな監督映画祭、P-LABO映画祭に出品)

●オリジナル脚本(長編)
 『指先に咲いた花』(函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞準グランプリ)

●監督・撮影・編集(映画メイキング)
 『裏Xゲーム』(映画公開前の8月に発売)
 『メイキング・オブ・Xゲーム』(2011年2月発売)


●監督・編集(WebCM)
 英会話教材のCM

●脚本(イメージビデオ内のミニドラマ)
 『記憶 mind 熊切あさ美』

●撮影・編集(WebCM)
 オンラインゲームのキャンペーン動画

●編集補助(TV・ドキュメンタリー)
 CX『ザ・ノンフィクション/ザ・ハンダース』

●出演(映画)
 『僕らは未来を歩いている』
 『nude』
 『からっぽ人魚』
 『RUNゾンビRUN』
 『青春カタミチキップ』(公開中)
 『色恋沙汰貞子の冒険』(公開中)
 『ろくでなしとひとでなし』(公開中)
 『くノ一忍法帖 影ノ月』(2011年6月公開)
 『五藤組新作』(2011年公開予定)


●出演(Vシネマ)
 『くノ一関ヶ原3D』
 『逃走中 殺人ハンター』(2011年4月発売)


●出演(TVドラマ)
 CX『ストロベリーナイト』

●Web制作・デザイン(映画)
 『第9地区』応援Web  http://district9jp.web.fc2.com/
 『戦闘少女』 http://www.sentoshojo.jp/
 『R18 LOVE CINEMA SHOWCASE』  http://www.spopro.net/r18/ 
 『結び目』 http://musubime.amumo.jp/
 『心霊写真部』 http://shinrei-syashinbu.com/

●Web制作・デザイン(TVドラマ)
 『THE MYTH 神話』 http://myth-shinwa-tv.com/

●Web制作・デザイン(舞台)
 『メンズ校』 http://menskou-stage.com/

●Web制作・デザイン(会社)
 ジャンゴフィルム http://www.django-film.co.jp/

●インタビュー(雑誌)
 「SPOTTED701 VOL.13」 女優・かすみ果穂さんへのインタビュー(聞き手)
 「ニャン2倶楽部Z」 サーモン鮭山インタビュー(聞き手は切通理作さん)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いや~、我ながらありえないですね。間違いなく今までの人生で一番働いた年でした。
その割には、年収は一昨年を数十万も下回ってるんですが(笑)
まあ我々の仕事はお金だけじゃ量れませんけどね。

こんなバランスで仕事をしている人は、他にいないと断言できます(笑)
よいこの皆さんはマネしないでください。

今年はあれもこれも、というよりは、監督・脚本業をメインに頑張っていきたいと思っています。
ただ、1月中に仕上げなければならないサイトが3つもあるんですけどね・・・

気が遠くなってきたので寝ます。
皆さん、こんな私ですが(どんな私だよ)、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

シャケ、帰ってきたフェアリーテール。

12/3(金)~5(日)と、「函館港イルミナシオン映画祭」に行ってきました~
素敵なことがいくつもあったので、日記に書きたいのは山々なのですが、
帰京してからWeb-CMの編集やらプロットの締切やら打合せやらで忙殺されておりまして、
落ち着いて書けない状態。
明日も時代劇に出演しますしね。
仕事一段落したらアップいたします・・・

そうこうしてるうちに、今週末のもう一つの映画祭について全く告知できてないことに気づく・・・orz

12/12(日)に開催される「P-LABO映画祭」で、
オイラの脚本・監督作『ゆっくりしてけよフェアリーテール』が帰ってきます。

『ゆっくりしてけよフェアリーテール』(2010年 11分 HDV)
監督・脚本:中村公彦
出演:奈月かなえ 世志男 柳東史 しじみ 丸山裕一 志水季里子

ホンコンノワールフェアリーテール
natsuki01.jpgseshio01.jpg
しじみ丸山裕一
志水季里子柳東史

今年春の「おかしな監督映画祭」で上映されたこの作品、あの時は10分以内という制約がありましたが、
今回はその辺の縛りもなくなんと11分の拡大版でお送りいたします。
と言っても、新宿TMシアター(現・サムライシアター)で関係者の皆様にお見せしたバージョンと同じなんですけどね・・・orz

実は今回新たにCGを入れようとしたんですが、うちのPCでエラーが出まくりクリスティ、
他の環境でも試したんですがなかなかうまくいかず、結局今回もノーCGでお送りいたします(笑)
ちくしょう、来年こそはCG入れちゃる!

ここでP-LABO映画祭のご紹介。
脚本家の三村渉さんが主宰している集団、プラネットラボが主催の映画祭で、審査委員長も脚本家の柏原寛司さん。
オイラの他、映画学校同期の菱沼くん、役者仲間の世志男さん、監督仲間の木野さんの作品も上映されます。
個性あふれる作品が揃ってます。

フェアリーは第一部の4本目。
おそらく12時30分前後に始まるかと。
入場無料ですし、ぜひ多くの方に足を運んでいただきたいと思います!
オイラも終日会場にいる予定ですので、声かけて下さい!

=================================================================
P-LABO映画祭2010

日時:2010年12月12日(日)
上映:開場11時30分~ <第一部> 12時~

場所:梅丘パークホール(小田急梅ヶ丘駅徒歩1分)
料金:入場無料

映画祭公式サイト http://p-labo.main.jp/filmfes/2010/
=================================================================

シャケ、賞金は辞退しません。

恋味うどんエピソード0

既にツイッターではつぶやいていましたが、
オイラの書いた長編オリジナル脚本『指先に咲いた花』が、
12月に開催される函館港イルミナシオン映画祭のシナリオ大賞で準グランプリを受賞しました。
http://www.hakodate-illumina.com/

映画にまつわる賞を初めていただいたのでめちゃめちゃ嬉しいっす。
ちなみに「サーモン鮭山」の名前を伏せて本名で応募しました。
もちろん、賞金は辞退しませんよ。


受賞の連絡が電話で来て、事務局の小林さんという方と何度かやりとりしていたんですが、
後で気がついたら太秦株式会社の小林三四郎さんでした。
知り合いだっちゅーねん(笑)
太秦が映画祭に絡んでるなんて知らなかったんだもん。
向こうも俺がサーモンだって気づいてなかったんでしょう。

その他にもいろいろと面白い縁がありまして。
今回の映画祭で上映される作品の中で、オイラなんと2本に出演してるんですよ(笑)
小沼監督の『nude』と五藤監督の『モノクロームの少女』。
シナリオ受賞者が2本出演してるって結構レアなんじゃないかなあ。

知人が関わってる『ヘヴンズ・ストーリー』や『キャタピラー』、『台湾人生』など、見逃していた映画がてんこ盛り。
せっかくの機会なので、12/3~5の三日間フルに参加して映画観まくっていろんな人に会って
いろんなことをモレなく吸収するから夜も安心、てな感じで満喫してきます。
(映画祭の日程が竹洞組のロケとまるかぶりなので、出演できなくなってしまったのは残念ですが・・・)

『指先に咲いた花』って、ネイルアートのお話なのです。
でも、ただのネイルアートじゃなくて少しヒネってます。
絶対に映像化したくて書きました。
受賞=映画化が約束されているわけではありませんが、今後は自分から積極的に動いてみたいと思います。

皆さん、映画化に向け、どうかご助言・ご協力をお願い致しますm(_ _)m
この度は本当にありがとうございました。

(写真と本文は関係ありません)

シャケ、いちごがポロリ。

タイトルは本田理沙のセカンドシングルから。

さてさて、実は明日11/13放送のCX系のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』に、ちょこっとだけ出演しております。

『ストロベリーナイト』
11/13 21:00~ フジテレビ系で放送
出演:竹内結子、西島秀俊、武田鉄矢、桐谷健太、生瀬勝久、遠藤憲一、嶋政宏、国仲涼子、渡辺いっけい、林遣都、谷村美月、佐藤祐基
原作:誉田哲也
脚本:龍居由佳里
監督:佐藤祐市
公式サイト http://www.fujitv.co.jp/strawberrynight/index2.html

一応、地上波ドラマ初出演・・・になるのかな? CSのドラマとかはありましたけど。

原作が有名なのでご存知の方も多いと思いますが、連続殺人事件の話です。
てっきりいつもの死体役で呼ばれたのかと思いきや、武田鉄矢さんの部下の刑事役でした(笑)
衣装もブリーフ一丁ではありませんでした。

警察署内のシーンに出ている・・・はずです。上がり見てないので。
セリフもなく、ただ武田さんにくっついて歩いてるだけですけどね。

ロケ地は水戸の某所でした。
署内のシーンは異常に豪華キャストで、目の前に竹内結子さん、西島秀俊さん、武田鉄矢さん、生瀬勝久さん、嶋政宏さん、渡辺いっけいさん、林遣都さんが固まっている光景は圧巻でした。
セリフはないですけど一応エキストラじゃなく役付きなので、最後に撮った記念写真には入れてもらったりして(笑)
その写真、もらってないですけど。

たまにはメジャー感あふれる現場もよいものです。
裏番組の土曜ワイド劇場が友達の脚本なので、大々的に宣伝しづらいですが(笑)、滅多にない機会なのでぜひ探してやってつかーさい!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
 
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。